欅がるてん

keyakig.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本・音楽( 18 )

今週の本棚・雑誌ちゃぶ台

本が売れなくなったと嘆きの声が聞こえる出版業界で
「小商いのすすめ」や「腐る経済」など
異色の本を出し続ける小さな出版社、ミシマ社が初の「雑誌」を創刊した。

その名も「ちゃぶ台」

どこがどうして「ちゃぶ台」なのかは誌面を捲ってもらうしかない。

およそ雑誌の体を成してない体裁も異色。

今号は「移住のすすめ」が特集

この地域でもリアルな問題なのでこれは読む価値充分です。

執筆陣も益田ミリ、内田樹、働き方研究家の西村佳哲さん、
パン屋タルマーリの渡邊格さんetc・・・興味津々。

優しい音楽と温かい珈琲片手にどうぞ!
b0248245_22344265.jpg

[PR]
by keyaki_garten | 2015-10-16 22:34 | 本・音楽 | Comments(0)

今月の本棚・安西水丸さんの日々

殺人的な暑さだった夏もようやく終わろうとしています。
もうすぐ9月。
秋の気配が漂う欅ガルテンの森です。

安西水丸さんは僕にとって人生の灯台のような方でした。
勝手ながらなんですけど・・・。

マチスを髣髴させるヘタウマの絵、クスッと笑わせてくれるエッセイ、
ちょっぴりHな小説・・・。

松浦弥太郎さんの新刊「男の一流カタログ」という本の中で水丸さんの「日々」という一文を
見つけました。
亡くなる前、水丸さんが松浦さんにプレゼントした手描きの貴重な小品だそうです。

いつものゆるいイラストに添えられた短いコメント。
b0248245_20135240.jpg


その中で好きだったのがコレ。
b0248245_20142058.jpg

僕も灯台に住みたい。
デッキチェアーに腰かけて日がな海を眺めていたい・・・
[PR]
by keyaki_garten | 2015-08-30 20:20 | 本・音楽 | Comments(0)

今週の本棚

累計一億PV、240万人が見た大人気サイトの書籍化。
17日間に実に37,465通寄せられたメールすべてに村上さん自身がせっせと
目を通し3,716通を選んでせっせと返信メールを書いてそこから選ばれた
473通のやり取りが本書に掲載されています。

超多忙な中、辛辣な質問やとほほな質問に対して真摯にまたユーモアたっぷりに
応えた回答、姿勢には全く頭が下がります。
(日頃、小説家は体力勝負だと言ってらっしゃる意味が佳く理解できますね。)
人生にちょっと疲れた時、悩んだ時、ほんとに「人生の常備薬」。
珈琲片手にほくそ笑みながら読んでみてくださいね。
b0248245_14202043.jpg


因みに筆者もちゃんと返信メールをいただいた一人です。
(トホホな質問だったのですが・・・)
3,716通については電子ブック「村上さんのところコンプリート版」に
納められています。
[PR]
by keyaki_garten | 2015-07-26 14:24 | 本・音楽 | Comments(0)

今週の本棚・「ミナを着て旅に出よう」

ミナがミナ・ペルフォネンにブランドを変えた時期だから
もう10年以上も前の本。

少し気になることがあったので本棚から引っぱり出した。

ファッションクリエーターが5年後、10年後、30年後、そして100年先を見据えて
服作りに臨む気構えと、小説家の文章の捻り出し方がとても似ていると思ったのだ。

すると、どちらも長距離ランナー、心の持ち方と体力がモノ創りの基本となっている。

皆川明のデザインと村上春樹の小説作法・・・ピタリと符合している。
b0248245_10345812.jpg


ところで、ミナの意味って知ってました?
珈琲飲みながら、静かに、ウキウキひも解いていきましょう。

この本、松浦弥太郎が監修してる。
[PR]
by keyaki_garten | 2015-06-20 10:37 | 本・音楽 | Comments(0)

今月の本棚 MONKEY vol.6

今号の特集は「音楽の聞こえる話」

音楽の聞こえる店でゆっくりと手に取ってみてください。

穂村弘の短歌集・「羊たちの音楽」・・・うん、音楽が聞こえてくる。

巻末の村上春樹さんの「職業としての小説家」は今号が最終。

ザンネンですけど9月にはこれまでのレクチャーをまとめた単行本が
発刊されるそうです。
今までの見逃した方にも朗報ですね。

b0248245_6462040.jpg

[PR]
by keyaki_garten | 2015-06-18 06:50 | 本・音楽 | Comments(0)

今週の本棚・「里山レシピ」

益子・スターネットキッチンの星シェフのレシピ本。

随分前の本だけど、改めて素敵な本だと思います。

雑木林や棚田に囲まれた里山の四季の素材でつくる素朴だけど
洗練されていて、豊かな台所仕事が紹介されてあります。

無農薬有機野菜の美味しさを最大に惹きだすシンプルな料理。
どれもこれもが医食同源・身土不二の言葉を思い起こさせてくれます。
b0248245_22465880.jpg


b0248245_2248893.jpg

[PR]
by keyaki_garten | 2015-04-02 22:49 | 本・音楽 | Comments(0)

今週の本棚・MONKEY・vol5

アメリカ文学翻訳者・柴田元幸編集長のMONKEY最新号です。

今号は「死者の歌」イギリス・アイルランドの物語特集。
「卒業」のマイク・ニコルズ監督、映画「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」でしか
名前を知らない、ヴァージニア・ウルフの「幽霊屋敷」という短篇が巻頭を飾っています。

W.Sマーウインの詩も心の奥深くに入ってくるものがある。

心地よい音楽に身を委ね、熱い珈琲でもゆっくり飲みながらページを捲ってみてください。

巻末の村上春樹「小説家になった頃」のオハナシもなかなか興味深いですよ。
b0248245_22303428.jpg


今夜、「風立ちぬ」を観ながら死者のことを想った。
荒井由実の唄声もまた響いた。
[PR]
by keyaki_garten | 2015-02-20 22:30 | 本・音楽 | Comments(0)

今月のアルバム・musicas

欅ガルテンで何度かライヴをしていただいたギタリスト・廣木光一さんの新作アルバムです。

廣木さんはスノヴでエキセントリックでロマンティストで・・・。素敵なアーティストです。

ボサノバ、ファンク、ワルツ、バラード・・・洗練されたギターの奏でがとても心地いいですね。

ピアノは言わずも知れたjazz界の第一人者・渋谷毅

揺らめくストーブの火を眺めながらお聴き下さい。

映画 「ふたつの祖国、ひとつの愛」の音楽担当もされています。

b0248245_2232475.jpg

[PR]
by keyaki_garten | 2014-11-14 22:03 | 本・音楽 | Comments(0)

今週の本棚・ロマンティックに生きようと決めた理由

3年前に亡くなった美術家・永井宏が彼の廻りに集まった若き人々の
それぞれの生き方、現在の在り方を綴った本。
coyaの根本きこ、cafeディモンシュの堀内隆志、ワニ珈琲の中川ワニ・・・・etc

それぞれの「ロマンティックに生きようと決めた理由」が探れる。


誰しもロマンティックに生きようと決めた理由を心の中のどこかに持っている。
この僕だって・・・心の奥底に。
b0248245_23151523.jpg


(アノニマ・スタジオ 2006)
[PR]
by keyaki_garten | 2014-10-31 23:18 | 本・音楽 | Comments(0)

今週の本棚・ ヨーガンレールとババグーリを探しに行く

ヨーガンレールが旅先の島で事故死したことを知ったのは
一か月も経ってのことでした。

彼もまた日本人より日本人らしいデザイナーでした。
自然に寄り添い環境や連綿と続く手仕事に目を向けていました。

沖縄に生活の一部を移したのも自分を見つめ本当にやりたいことを
やり遂げたいという想いからだったのでしょう。

ババグーリ(瑪瑙)の美しさに魅せられた彼がその旅先で見つけた
美しいもの、大事なものが集められています。

「男のクロワッサン」の表紙を飾る彼の姿が凛としている。
ヨーガンレールの社員食堂で知られるように
ベジタリアンの彼の台所はとてもシンプルでバルコニーでは季節の野菜や
ハーブを作っていた。
沖縄では畑を購入し有機野菜を作っていたという筋金入りなのですね。
彼のプロデュースするキッチン用品はとても使い心地良さそうで品のある
シンプルなデザインです。
料理が楽しくなること請け合い・・。
男の台所の理想形がそこにありました。

春の安西水丸氏に続き秋にはヨーガンレールの訃報。

なんだか次々と素敵な人が突然いなくなってしまう…。
b0248245_21353137.jpg
やたら編みの椅子。
b0248245_21483614.jpg

b0248245_21353811.jpg
b0248245_21361078.jpg

[PR]
by keyaki_garten | 2014-10-24 21:37 | 本・音楽 | Comments(0)